2007年12月27日

今回の更新

大会データ更新ツールが対応開始しました。
http://www.hf2k.com/tentry.cgi
情報の更新をしたい大会名を選択して、必要事項を入力し直して、更新をかけます。

店舗大会データベースに個人データの分析を追加しました。
http://www.hf2k.com/search.cgi
[カード名]欄にカード名を入れて検索すると、
対戦データの次に、個人の対戦分析データ(出題回数、平均順位、平均点)およびジャンル・形式別の遭遇回数(他のプレイヤーを含めて出題したもの)の閲覧ができます。
posted by フッ化水素 at 14:01| Comment(1) | 日記

2007年12月16日

Qacers_D更新

・大会速報表示が正誤表示に対応しました。
 試合結果フォームを正誤入力モードで作成して、正誤入力をすると、結果の表示に各問の正誤が表示されます。
 サンプル(2006年賢竜杯FINAL)

大会情報表示
 大会情報カレンダーが携帯にも対応しました。
 大会情報入力フォームにて入力した大会の情報を表示させる事ができます。
エントリーの修正(更新)は現在のところ正式には対応していません。
([大会名]と[店名]を完全同一名で入力して、[大会情報更新]のチェックを入れた場合のみデータが更新されます。)

・速報入力作成がより簡単になりました。
 大会情報カレンダー(結果入力フォーム作成モード)から大会名のリンクにて、試合結果入力フォーム作成画面に飛ぶ事が出来ます。

・過去の大会情報
 過去の大会情報から結果を閲覧する事ができます。
posted by フッ化水素 at 23:53| Comment(1) | 日記

2007年12月11日

Qacersの今後について

賢竜杯としてのブログは一旦終了しましたが、QacersDのサポートブログとして、このブログを利用していきたいと思います。

さて、QacersDは賢竜杯以降も改修をすすめています。

その1つとして、スコア変換のロジックを若干変更しました。

QacersDの特徴として、スコア入力の際に小数点を省略して入力しても、適宜スコアを適切な値に変換するという機能があります。
これまでは、

スコア変換>順位算出>惜敗率算出

という順序でした。これを

順位算出>スコア変換>惜敗率算出

という順序に変更しました。
これによって、ルール違反等による降着処理が可能になります。
例えば、出題違反によるルール違反で降着4位にしたい場合は、該当者のみ実際の点数(小数点入り)を入力し、他のプレイヤーを小数点なしで入力する事で、降着処理を行う事が出来ます。
posted by フッ化水素 at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月01日

旅はまだ終わらない

昨日の続きです。

試合一覧フォームの試合順(○コート第△試合)のリンクをクリックすると、試合結果入力フォームが表示されます。
カード名は既に入力されていますので、出したジャンル・形式を選択し、得点を入力(40点以上の点数は小数点が省略できます)します。出し物や得点は、あらかじめ記録用紙に記録し、そこからの転記をお勧めします。
入力内容が確認できたら[送信]ボタンを押します。入力内容確認画面に移りますので、内容に間違いがないかを確認して[送信]ボタンを押すと最後の画面に飛びますので、その画面を閉じます。

順次試合結果を入力し、その回戦のすべての試合が終わったら[次の回戦・・]ボタンを押して、参加者入力フォームに戻り次の回戦の参加者を入力から始めます。
posted by フッ化水素 at 10:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記